店がスタッフを教育する|求人素材集

店がスタッフを教育する

店がスタッフを教育するについてご紹介。

日本の国が国民を思って作った「ゆとりの時間」その時間を教育課程で過ごしてきた人達のことを「ゆとり世代」といいます。今、65歳以上の高齢者となっている人達の団塊の世代や、平成の若者、昭和の最後と同じように言われているが、このゆとりの世代の人達だけは、働く闘争心が他の世代に比べて限りなく薄い。だからこそ企業は困り、最初から全てを教えて会社にあった人間を作らなければいけないのが「店がスタッフを教育する」ということの始まりなのです。

 

店がスタッフを教育するが問題となっている理由

最初から教育をしているが、教育の途中で脱落してしまう人が思ったよりも多いことに店側は悲鳴を上げている。これは、国側に責任があるのかゆとり世代の親が子どもにどういう教育をしているのかが本当に気になるところです。

 

私はこれからこうなってほしいと思っている。

日本のコンビニや居酒屋で、あきらかに日本人ではない人たちが元気に活気よく働いている姿を良く見ます。日本がグローバル化したと良い点だけをあげることは出来るが、それであれば働き盛りの日本人は何処へ行ったのかと疑問になる。日本で働いている外国人同様に日本人もしっかりと働いて欲しいと思っています。

 

そうなるためには今何をすべきなのか。

ゆとり世代の若者の意識改革が私は必要だと思っています。今からでは遅いと思われている人も多くいるかも知れませんが、遅くなればなるほど取り返しのつかないことになるような気がしています。

オススメコンテンツ